太刀魚ファルシ

ピカピカ輝く長ーい太刀魚が、このようになりました~


『太刀魚ファルシ ぺルノーソース』



繊細で柔らかな太刀魚で、白身魚とホタテで作ったムースを包んでおります

身が繊細なのでムースとの一体感があります
そして、決め手はソースのぺルノーソース

スパイスのスターアニス(八角)を使用したお酒、ぺルノーとスープ ド ポワソンを合わせたソース。
バジルを散らすと、素晴らしい香りを発揮してくれます
バジルがあるのとないのとでは段違い

こちらをお召し上がりいただいたお客さまのお皿を下げに行くと、みなさまにっこりでした


bonappetit


Atsuko

フランス料理ル・クール



無花果とフォアグラ

今回のディナーのおまかせコースの中で、じっくり時間をかけて楽しみたい料理の一つ。。。

それは。。。



『黒いちじくに詰めたフォアグラのコンフィ』



この2つの組合わせ。
美味しいに決まってる


カリフォルニア産のフレッシュ黒いちじくをポルト酒でコンポートにし、その中のフォアグラのコンフィを

パン・ド・エピス(スパイス風味のパン)を乾燥させ砕いたものも敷いてますので、食感と香りも合わせてお楽しみください


DM用の写真撮影に一皿作ってもらったのですが、もちろん撮影後はスタッフみんなのお腹の中へ。
6人で分けたらちょびっとに。

『あー、一皿食べたいよ~

いつも試食の時にこのように懇願して、地団駄踏んでいます(笑)



bonappetit


Atsuko


フランス料理ル・クール

とうもろこしのヴルーテ

夏らしくジュレ寄せに


『とうもろこしのヴルーテとそのジュレ』




ぎっしりコーンの粒を入れたジュレ寄せは、野菜ととうもろこしの芯を使ったコンソメジュレで寄せています

まわりにはとうもろこしのヴルーテ(冷たいスープ)を注いでのご用意です

ベーコン風味のクリームやトリュフ、黒胡椒と合わせながら、bonappetit


湯で上げのとうもろこしに塩をして、丸ごとかぶりついて食べるのも、たまらなく贅沢でたまらなく美味しいですよね

冷蔵庫で冷えたとうもろこしは嫌だ~と母によく言っていました。
それはそれで食べたら美味しいんですけどね(笑)


夏のおもひで


Atsuko


フランス料理ル・クール

鮎のクロックムッシュ

ディナーのシェフのおまかせコースが新しくなりました

そちらから、今日は一皿ご紹介です




『鮎のクロックムッシュ ディル風味』



ディルを混ぜ合わせて焼いたパン・ド・ミ(食パン)で稚鮎のペーストとベシャメルソースをサンドしたクロックムッシュ

上に表面を香ばしく焼いた鮎を。。。


ソースは鮎の骨の出汁にフォン・ド・ヴォー(牛出汁)とディルオイルのソース。

お好みでグリーンオリーブのタップナードでキリッとさせてお召し上がりください

ディルの爽やかな香りと鮎の香ばしさが食欲をそそりますよ~

ル・クールの夏メニューを是非


bonappetit

Atsuko

フランス料理ル・クール

鮎正宗



冷し中華ならぬ、
日本酒、始めました!😆

新潟県出身のワタクシ片。

ワインも好きですが、日本酒も大好きでして、、、

まずは生まれ育った地元、妙高市(旧新井市)の

鮎正宗酒造さんの
「純米吟醸 鮎 銀ラベル」いきます。

関東地方にはほとんど出回っていないお酒です。
私の幼馴染も造りに携わっており、思い入れの強い蔵元さんです。

蔵の下からこんこんと湧き出る伏流水で仕込まれる酒の味わいは、
優しい口当たりと、非常に滑らかな舌触り、
ほんのりとした米の上品な甘みを感じる、中口。

フレンチに、日本酒?
と思われるかもしれませんが、きっと素敵なマリアージュをお楽しみいただけるはずです!

日本酒ラヴァーもそうでない方も、是非一度お試し下さい。
http://ayumasamune.com

KATA
プロフィール

le.coeur

Author:le.coeur
フランス料理 ル・クール...
2013年2月移転New OPEN!
おいしいお料理においしいワインで楽しいひとときを♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード