FC2ブログ

シェフとマダムのフランス珍道中 ~2日目 その1~

1月10日(水) その1

さぁ、今日の目的はノルマンディー地方の街、Caen(カン)に行くこと💡
何しにかと言いますと。。。
『トリップ・ア・ラ・モード・カン』
を食べに行くため✨✨

観光目的ではなく、食べ物目的。
そう、それがル・クール流💚

牛の胃を名産であるシードルやカルヴァドスで煮込んだ、カンの名物料理。

ル・クールでも作ったことはあるのですが、
『本で見て作った味だから、本物を食べて答え合わせをしたい❗』
という訳です。

パリのサン・ラザール駅から約2時間の日帰りの旅。
スタバでコーヒーを買って乗り込みます😃




このパワーのありそうな電車でいざ🚆



先程買ったコーヒー。

名前を聞かれて『ISHIMOTO』と答えたシェフ。

書いてくれた文字はこちら


『ISHINOKHO』
イシノコォー!
うーん、惜しい‼️

そんなクスリと笑えることもありながらの列車の旅。
窓からの景色を見たり、うとうとしたり、blogを更新しようとして、何度も消えたり(笑)していたらあっという間に到着。




さぁ、街中に向かおうと、歩いて20分程度。
学校があるねー、可愛いお家だねー、と話していたのですが、一向に中心部らしい感じが出てこない。
あれ?なんかおかしいねとGoogleマップに頼ると逆方向~🤣

地球の歩き方を見ると中心部まで約1㎞となっていたのに、Google見ると目的地まで35分。
2㎞くらい逆方向に進んでしまいました(笑)
まぁ、ランチに向けての良い準備運動ということで😆

川を渡って中心部へ



目の前に広がるカン城の城塞をお届けする前に、まずはランチです🍴

美味しいトリップ・ア・ラ・モード・カンが食べられると期待して入ったのは、奥にカン城、真向かいにサン・ピエール教会のある

『BOEUF&COW』
BOEUF&COW

店内は老若男女関係なしに賑わっていて、それを若いムッシューが忙しそうに、且つ楽しそうに接客しています。
『オレにまかせろ!』
と言っているかのような自信が、見ていて気持ちの良いものです。

さぁさぁ、まずはアペリティフ。


このオリーブの美味しいこと❤️
売っていたら買いたいくらいでした。
ちなみに、その奥の瓶は赤ワイン。
ボトル一本は多いので、カラフェで。

お目当てのトリップはメインなので、その前に前菜を。

◎牛肉のタルタル(シェフオーダー)


◎エスカルゴのココット焼き(あつこオーダー)


メイン

◎ロニョン・ド・ヴォー(シェフオーダー)


仔牛の腎臓で、ル・クールでも国産のロニョンは扱いますが、フランスのロニョンのプリプリ感、すごい✨

◎トリップ・ア・ラ・モード・カン(あつこオーダー)


さぁ、やって来ましたよ✨トリップ✨✨
一見、日本のもつ煮と大差ありませんが、それもそのはず、フランス風もつ煮です😁
運ばれてきたお皿を見て、
『やっぱりもつ煮にはネギなんだね🎵』
もつ煮の仕上げにパラパラっとするネギは日仏共通(笑)

お味のほどは。。。
美味しい~💚ル・クールのそれと近い✨
答え合わせは正解に近かったです。
シェフの中で色々改良点は見つかった様ですが、イメージして作っていた味と、本物の味に大きな間違いがなく、それもまたシェフの中の一つの自信になりました。

楽しく食べているとお店の方からサービスが✨



カルヴァドス~🎶
リンゴのブランデーです。
これを飲んで。。。



『くぅ~~~💦』なシェフ。




『おいしー❤️』なわたし。

おそらく代替わりして、息子さんがオーナー。

シェフが話せることもあり、とても良くしていただき、フレンドリーで素敵なお店でした💖




大満足のランチを済ませて、カンの城塞を目指しますが、それはまたその2で👋

Atsuko

フランス料理ル・クール

スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

le.coeur

Author:le.coeur
フランス料理 ル・クール...
2013年2月移転New OPEN!
おいしいお料理においしいワインで楽しいひとときを♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード