ババ・オ・ラム

お酒がお好きな方にオススメ


『ババ・オ・ラム』



カラッカラに焼ききったブリオッシュの様な生地にラム酒を染み込ませて作るババ・オ・ラム。

生地がラム酒を吸うと、グングン膨らむのですが、その様子が小さい頃に遊んだ亀やら魚やらのスポンジのオモチャに似ていて、作る度に思い出しています(笑)

そんな幼少の思い出はさておき、こちらはラム酒のしっかりきいた、大人のデザート

キャラメリゼした柿で季節感をプラス。

ラム酒とバニラアイス
ラム酒と柿

実に合う組み合せですよ~


bonappetit



Atsuko


フランス料理ル・クール

スポンサーサイト

本日のジビエ ~猪のボルドー風ソーセージ~

和歌山県産猪。
年間の半分以上は扱っているでしょうか。
丸々一頭仕入れますので、部位によって調理法はことなります。

その中の一つのお料理。

『和歌山県産 猪肉のボルドー風ソーセージ』



腸に詰めて茹でたものを、表面が乾燥するまで干し、仕上げにスモークをかけたソーセージ。
ご注文が入ったら、パリッと焼いてお客さまの元へ

猪肉に赤ワインを合わせたボルドー風です
一緒に混ぜ加えている玉ねぎの食感もより美味しさを引き出すアクセントに

ジビエが食べてみたいけど、癖がないか心配。。。という方もいらっしゃいますが、こちらなら、問題なくお召し上がりいただけるかと思います

猪肉はソーセージの他に、メインでローストにしてもご提供中ですので、是非、お試しくださいませ


bonappetit

Atsuko


フランス料理ル・クール



本日のジビエ ~雷鳥のパイ包み~

スコットランド産 雷鳥が入荷しております

今年の雷鳥はパイ包みです


『スコットランド産 雷鳥のパイ包み』



雷鳥の胸肉で、叩いた内臓入りのミンチとフォアグラをくるみ、自家製パイで包んでおります

雷鳥の肉の香りに負けず劣らずのルビーポルト酒を加えた赤ワインソース。

このソースだけでもワインが楽しめてしまうのではないかと思う、味わい深~いソースに仕上がっていますよ



bonappetit


Atsuko

フランス料理ル・クール

アンドゥイエット

密かなファンの多いアンドゥイエット。
私もシェフの料理の中で、ベスト5にランクインしているお料理です

『アンドゥイエット』



豚の直腸にホルモンを詰めたこちらは、以前はメインでのご提供でしたが、ただいまは少しボリュームを抑えて、温前菜でご用意しております。

メインの時は他のジビエも食べたいので、泣く泣くアンドゥイエットを諦めていたというそこのあなた!
はたまたアンドゥイエットが食べたいので、苦渋の決断で他のメインを諦めていたあなた!

今ならどちらも楽しめますよ~

ホルモンの独特の風味はありますが、丁寧に下処理し、仕込んでいますので美味しいですよ~



bonappetit


Atsuko


フランス料理ル・クール

本日のジビエ ~スコットランド産山鳩~

さぁさぁ、始まりましたよ

ジビエシーズン

まずは、山鳩から!

『スコットランド産 ピジョン・ラミエールのロースト』



「ジビエは特に鳥類が好き」という方も多く、ピジョン・ラミエールが入荷すると、嬉しいくらいご注文があります。

この他にも、ただいまは雷鳥や猪も入荷しております
是非、このシーズンに色々なジビエをお楽しみくださいませ


Atsuko


フランス料理ル・クール
プロフィール

le.coeur

Author:le.coeur
フランス料理 ル・クール...
2013年2月移転New OPEN!
おいしいお料理においしいワインで楽しいひとときを♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード